裵智恵 (2006.4) 共働き家族の男性における役割葛藤とディストレス. 西野 理子, 稲葉 昭英, 嶋崎 尚子 (編)『第2回家族についての全国調査 (NFRJ03) 第2次報告書 No. 1: 夫婦、世帯、ライフコース』(日本家族社会学会全国家族調査委員会). 61-74

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj03_200601_4
Author:
裵智恵 || BAE Jihey
Date:
2006.4
Title:
共働き家族の男性における役割葛藤とディストレス: 稼ぎ手役割意識と配偶者からの情緒的サポートによる緩衝効果 || Role Conflict and Distress among Dual Career Men : Buffering Effects of Men’s Breadwinner Role Attitudes and Spouse Support
Source:
西野 理子, 稲葉 昭英, 嶋崎 尚子 (編)『第2回家族についての全国調査 (NFRJ03) 第2次報告書 No. 1: 夫婦、世帯、ライフコース』(日本家族社会学会全国家族調査委員会) || NISHINO Michiko, INABA Akihide, SHIMAZAKI Naoko (eds.) NFRJ03 Second Report No. 1: Wives and husbands, households, and life-course (Japan Society of Family Sociology, NFRJ Committee)
Page:
61-74
URL:
:nfrj03_2006_pdf/nfrj03_200601_4.pdf
Abstract:
本研究の目的は、ストレス論的アプローチから、共働き家族の男性が仕事と家族を両立する過程で経験する役割葛藤と男性のディストレスとの関係について検討することである。一般線形モデルを用いた分析の結果、以下のことが明らかになった。第一に、共働き家族の男性が感じる役割葛藤は、彼らのディストレスに否定的な影響を及ぼしている。第二に、男性の稼ぎ手役割意識は、役割葛藤の否定的な影響を弱める効果も、高める効果ももっていない。最後に、配偶者から提供される情緒的サポートは、役割葛藤の否定的な影響を緩和する効果をもつが、それは部分的なものに過ぎない。
こうした結果は、これまで主に既婚就業女性を対象にしてきたこの分野の研究が、男性の仕事と家族の両立問題についても目を向ける必要性を示唆するものである。
Keywords:
男性の役割葛藤,ディストレス,稼ぎ手役割意識,配偶者からの情緒的サポート
Note:
NCID=BA77244227
Relation:
| nfrj03_200601 |
Dataset:
[NFRJ03]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。