裵 智恵 (2011.9) 夫婦の働き方とワーク・ファミリー・コンフリクト. 田中 重人, 永井 暁子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第1巻: 家族と仕事』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 111-127

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201101_7
Author:
裵 智恵 || Jihey BAE
Date:
2011.9
Title:
夫婦の働き方とワーク・ファミリー・コンフリクト: 夫婦の職業形態別にみたワーク・ファミリー・コンフリクトの規定要因 || Couple’s Occupational Type and Work-Family Conflict
Source:
田中 重人, 永井 暁子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第1巻: 家族と仕事』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || TANAKA Sigeto, NAGAI Akiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 1: Family and Work (Committee on the National Family Research of Japan (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology)
Page:
111-127
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201101_7.pdf
Abstract:
本研究の目的は、夫婦の働き方を中心に、男女が経験するワーク・ファミリー・コンフリクトの規定要因を検討することである。One-way Anovaと重回帰分析の結果、以下のことが明らかになった。
第一に、女性より男性が、高いワーク・ファミリー・コンフリクトを経験している。第二に、夫婦の働き方のうち、男女のワーク・ファミリー・コンフリクトに影響を及ぼしているのは、妻の職業形態である。第三に、性別と夫婦の働き方別に回帰分析を行った結果、男女共通して、労働時間の影響が観察された。一方、配偶者からの道具的・情緒的サポートは、女性においてのみ、効果を持っていた。 || The purpose of this study is to investigate the determinants of men’s and women’s work-family conflict focusing on the type of occupation held by each partner.
Using multiple regression analysis, the study has several findings. First, men experience higher levels of work-family conflict than women do. Second, it is the type of the wife’s occupation influences couple’s work-family conflict, not the type of husbandrs occupation. Third, Men’s and Women’s work-family conflict is affected by working hours. However, the instrumental support and emotional support from one’s partner has a significant effect on work-family conflict, only in the case of women.
Keywords:
ワーク・ファミリー・コンフリクト, 職業形態, 労働時間, 配偶者からのサポート || work-family conflict, couple’s occupational type, working hours, support from partner
Note:
NCID=BB02272294
Relation:
| nfrj08_201101 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。