田中 慶子 (2011.9) 実親との関係良好度の規定要因. 田渕 六郎, 嶋崎 尚子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第2巻: 世代間関係の動態』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 103-118

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201102_6
Author:
田中 慶子 || Keiko TANAKA
Date:
2011.9
Title:
実親との関係良好度の規定要因 || The Evaluation of the Relationship with Parents by Adult children and its Determinants
Source:
田渕 六郎, 嶋崎 尚子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第2巻: 世代間関係の動態』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || TABUCHI Rokuro, SHIMAZAKI Naoko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 2: Dynamics of Intergenerational Relationships (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
103-118
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201102_6.pdf
Abstract:
本稿では、28~49歳の成人子からみた実親との関係良好度について、NFRJ08、03、98の3時点での比較を行うとともに、規定要因についての検討をおこなった。
3時点で比較すると、父親・母親ともに関係が良好である者の割合は低下し、良好度の平均点も低下している傾向がみられるものの、良い?-悪いに二分すると大多数が「良い」と評価していることは変わらない。
次に、関係評価の規定要因について検討を行った。米国の先行研究では①性別、②年齢、③婚姻上の地位、④社会経済的階層に整理される。日本の先行研究を考慮し、①性別、②加齢、③地位取得(結婚)、④きょうだい構成と居住、⑤出身階層という5つの仮説を設定し、良好度の得点を比較した。その結果、性別、地位取得、性別×年齢という要因による違いがあり、実親との関係を良好と評価するのは、女性、有配偶、30代前半の女性である。
分析の結果から、親との関係評価は成人子自身のライフステージなどで変化していくこと、そのパターンはジェンダーによって異なる様相であることが示唆される。 || In this thesis, the relationship evaluation to parents and its determinants was examined. Focus on 28-49years adult child, the evaluation has decreased compared with nfrj03, nfrj98. The determinants of the evaluation, we verified the following five hypotheses: 1) gender, 2) age, 3) marital state, 4) sibling and living with parents, 5) academic background.
As a result from nfrj08, give their parents a good evaluation is women, having partner, and women who the first half in her thirties. The evaluation have different patterns by gender, age.
Keywords:
関係良好度, 中期親子関係, 「関係の質」, ジェンダー || evaluation of relationship, parent-adult child relationship, the quality of parent-child relationship, gender
Note:
NCID=BB06732046
Relation:
| nfrj08_201102 |
Dataset:
[NFRJ98] [NFRJ03] [NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。