澤口 恵一 (2011.9) きょうだいの構成が初婚タイミングにあたえる効果. 福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 17-28

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201103_2
Author:
澤口 恵一 || Keiichi SAWAGUCHI
Date:
2011.9
Title:
きょうだいの構成が初婚タイミングにあたえる効果 || Sibling Composition and the Timing of First Marriage in Japan
Source:
福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || FUKUDA Nobutaka, NISHINO Michiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 3: Family Formation and Child Care (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
17-28
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201103_2.pdf
Abstract:
NFRJ08データをもとに、きょうだいに関する属性が初婚のタイミングにもたらす効果について、主要な仮説の検証を行う。分析の対象は1960年代以降に出生した男女とする。健在のきょうだい数の変数から作成した、きょうだい数、位座ごとのきょうだいの有無、きょうだい構成を示す変数について、初婚の年齢別経験率との関連を検討した。分析の結果は男女で著しくことなり、男性においてのみ、きょうだい数との関連性と、きょうだい構成との関連性がみいだされた。男性できょうだいをもたない男性は、比較的早くに結婚する傾向があり、2人よりも3人以上のきょうだいをもつ場合に、結婚が遅くなる傾向がある。また、男性の場合のみ、長子で弟をもつ場合、あるいは非長子で姉妹のいずれかがいる場合には結婚が相対的に早くなる傾向がみいだされた。これらの知見ともっとも整合的なのは、きょうだい数の多さのために、定位家族からえられる資源が低くなるために、結婚がうながされるという仮説である。一方女性については、きょうだいの数や、位座、構成と初婚タイミングとの関連はみいだしえなかった。 || This article evaluates the effect of sibling composition on the timing of first marriage in Japan. Focusing on the 1960’s and 1970’s birth cohorts, the four hypotheses are evaluated. The hazard models for the transition to the first marriage were estimated in order to identify the effects of the three sibling properties, the number of sibling, the existence of brother (elder or younger) and sister (elder or young-er), and the siblings composition. It was found that the effects of these variables were different between male and female.
In case of male, the property of only child has significant effect on the timing of first marriage. The number of siblings and the age of marriage have negative correlation. Moreover, the first child who has the younger brother or non-first child who has sister tends to get married relatively earlier. I find that these finding supports the Household Crowding Hypothesis. But in case of female, any these prop-erties of siblings have no significant effect on the timing of first marriage.
Keywords:
父子関係, 夫婦関係, 家族システム, 継時的変化, 育児 || marriage, sibling, life event, first child, gender
Note:
NCID=BB0673224X
Relation:
| nfrj08_201103 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。