品田 知美 (2011.9) 母親の子どもに対するかかわり方はどう変化したか. 福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 29-46

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201103_3
Author:
品田 知美 || Tomomi SHINADA
Date:
2011.9
Title:
母親の子どもに対するかかわり方はどう変化したか || How Mothers’ Attitudes towards Children have Changed: Between 1998 and 2008 in Japan
Source:
福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || FUKUDA Nobutaka, NISHINO Michiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 3: Family Formation and Child Care (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
29-46
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201103_3.pdf
Abstract:
15 歳以下の子どもを持つ母親の、1998 年、2003 年、2008 年の子どもに対するかかわり方について、友好的態度と教育的態度の2つの側面から関連する因子とその構造を分析した。2003 年から2008 年への変化は属性変数で説明されたが、1998 年と比較した2008 年の関連因子の変化は、そのほかの点において傾向変化があることを示唆する。
また、母親の子どもへのかかわりの総量に変化はみられず、友好的なかかわりが増えて教育的なかかわりが減った。とりわけその変化は、乳幼児を持つ母親で生じた。子どもの人数が少なく、高学歴な親は友好的かかわりを増大させる傾向がみられた。2000 年代前半の景気後退では、低収入世帯での影響はより深刻であり、母親が収入を得るために子どもが小さいうちから働きに出る傾向が強まった。一方で、世帯収入にゆとりがある高学歴の母親は、就業時期を遅らせ子どもの教育的かかわりを高い頻度で維持し続けた。子どもが幼い頃に家にいる母親の割合は1998 年から2003 年にかけ、いったん増えた後2008 年にかけて再び減った。その結果、ライフステージごとに一括りにされてきた母親という集団がより分極化したのではないか。子どもの人数が多いと母親が友好的かかわりを減らすという傾向は2008 年には小さくなった。かわって、母親の就業状況や年収などが子どもへのかかわりに関連する傾向は高まった。子どもへのかかわりに対する階層の影響の増大が今後も懸念される。 || This article analyzed two aspects of mothers’ attitudes towards children, both of playing and teaching. The attitudes of mothers with children aged fifteen years old and younger has been changed in the balance of two aspects. Mothers played with children more frequently in 2008 than in 1998. On the other hand, they taught less frequently in 2008 than in 1998. These changes occurred to mothers with infants in particular. Higher educated mothers with fewer children has increased the frequency of playing. Lower income households were damaged by recession in the early 2000s. As a result, women in lower middle class households needed to get job. However, higher educated and richer mothers did not return to work. This caused income to be more strongly correlated with mothers’ frequency of playing with children. They preferred to stay at home for teaching their children frequently. The proportion of mothers staying at home had increased from 1998 to 2003 but declined clearly from 2003 to 2008. It brought mothers group polarized separately from their youngest child age. Number of children affected mothers’ playing frequency more in 1998 than in 2008. Instead, mothers’ job status and income were growing to affect their attitudes towards children.
Keywords:
子育て, 階層, ひとり親, 就業, 低出生率 || child care, social class, single parent, employment, low fertility rate
Note:
NCID=BB0673224X
Relation:
| nfrj08_201103 |
Dataset:
[NFRJ98] [NFRJ03] [NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。