福田 亘孝 (2011.9) 晩婚化は少子化をもたらすか?. 福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 79-94

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201103_6
Author:
福田 亘孝 || Nobutaka FUKUDA
Date:
2011.9
Title:
晩婚化は少子化をもたらすか?: 誤差相関モデルによるイベント・ヒストリー分析 || The Myth of Late Marriage in Japan: The Relation between Age at Marriage and Low Fertility Revisited
Source:
福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || FUKUDA Nobutaka, NISHINO Michiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 3: Family Formation and Child Care (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
79-94
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201103_6.pdf
Abstract:
これまで日本の少子化の原因は晩婚化や未婚化といった結婚行動の変化にあるという主張が数多くなされてきた。しかし、婚姻年齢と出生力の関連ついては十分な研究がなされてきたとは言いがたい。本研究では婚姻年齢と出産行動の関係をNFRJ のデータを使って分析した。本稿では最初にNFRJ98、NFRJ03、NFRJ08 データを使って婚姻年齢と出産パターンの関係について記述的分析をおこなった。続いて、本稿の分析で用いるデータと誤差相関ハザード分析の手法について説明を行った。最後に誤差相関モデルによるイベント・ヒストリー分析の結果を示し、婚姻年齢の第二子出産ハザードの関係について検討した。
本研究の分析結果から、第一に婚姻年齢と出生児数の関係に予想されるほど明確な関係は見られなかった。女性については35 歳以降に結婚した場合で出生児数が低下していたが、それ以前に結婚した場合には必ずしも出生児数はほとんど低下しない。さらに、この傾向は出生コーホートにかかわらず観察された。他方、男性の初婚年齢は出生児数と関連がなかった。第二に、出生児数ごとに婚姻年齢を分析すると、子どもを2人以上持っているグループでは、子ども数によらず結婚年齢がほぼ一定していた。他方、無子、あるいは、子どもが1人のグループでは結婚年齢が上昇する傾向がみられた。加えて、婚姻年齢の四分位範囲を分析すると、前者のグループは短期間に集中して婚姻関係に入るのに対して、後者グループは比較的長い期間に分散して結婚する傾向があった。第三にイベント・ヒストリー分析では、誤差項に相関がないモデルでは結婚年齢は第二子出産ハザードに有意な影響を示していた。しかし、誤差項に相関を許すモデルでは結婚年齢は第二子出産ハザードに有意な効果を与えていなかった。この結果は見かけ上は結婚年齢と出生力とが関係していても、実際には結婚年齢は出生力と関係してないことを示唆している。それゆえ、こうした結果から判断すると、これまで日本で広く言われてきた「日本の少子化の要因は婚姻年齢の上昇にある」という命題は実証分析では十分に支持されないことが明らかになった|| The purpose of this study is to investigate the influence of age at marriage on fertility in Japan. As is well know, the Japanese total period fertility rate has, over the past decades, fallen in tandem with a rise in age at marriage. It is widely believed from this evidence that the Japanese fertility decline is derived from a delay in marriage. It has not been, in a scholarly sophisticated way, examined whether a delay in marriage causes a decline in fertility in Japan so far. More specifically, it seems likely that people who are reluctant to have children get married later in their life. If so, it follows that the weakening of a desire for having children raises age at marriage and drops the birth rate. Taking this point into consideration, we attempt to, in detail, examine whether a delay in marriage causes a decline in fertility in Japan, by employing the datasets of NFRJ98, NFRJ03, and NFRJ08.
The findings of this study, first of all, showed that women’s age at marriage has not a strong impact on their complete family size. The impact was particularly weak for women who got married until age at 34. In the second place, the results of our analysis found that there is no salient difference in the timing of marriage for mothers who finally bore more than two children. In contrast, if marriage women have no children or only one child, they tended to enter a marital relation at a relatively old age. Third, the results of our simultaneous hazard analysis revealed that women’s age marriage dose not significantly affect the risk of having a second child. This suggests that people who are reluctant to have children get married later in Japan. As far as our findings shows, we can conclude that age at marriage has a very limited influence on the level of fertility in Japan, and the fall in the Japanese birth rate cannot be completely attributed to a delay in the timing of marriage.
Keywords:
晩婚化, 未婚化, 少子化, 同時方程式, イベント・ヒストリー分析 || Marriage Age, Lowest-low Fertility, Second Birth, Non-Recursive Hazard Analysis
Note:
NCID=BB0673224X
Relation:
| nfrj08_201103 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。