松田 茂樹 (2011.9) NFRJからみた父親の育児参加の変容. 福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 95-104

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201103_7
Author:
松田 茂樹 || Shigeki MATSUDA
Date:
2011.9
Title:
NFRJからみた父親の育児参加の変容 || Transformation of father’s participation in child rearing from NFRJ
Source:
福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || FUKUDA Nobutaka, NISHINO Michiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 3: Family Formation and Child Care (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
95-104
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201103_7.pdf
Abstract:
NFRJ98、03、08 の3 つのデータを用いて、未就学児をもつ世帯における父親の育児参加の頻度及びその規程要因の変化を分析した結果、次の知見がえられた。
第一に、イクメンが話題になっているものの、近年、父親が子どもの世話をする頻度と子どもと遊ぶ頻度のいずれも増えてはおらず、むしろ減った可能性すらある。
第二に、父親の育児参加が増えない理由として、父親の労働時間(通勤時間を含む)が依然として長いことがあげられる。父親の労働時間は、NFRJ98 において10.8 時間であったが、NFRJ03では11.6 時間へと増加している。リーマンショック後もほとんど短くなっていない。従来から長時間労働であることがわが国の父親の育児参加の阻害要因になっていることは指摘されてきたが、今日においてもその様子にほとんど変化はない。
第三に、父親の育児参加が増えない理由として、近年ほど父親の性別役割分業意識と育児参加の関連が明瞭になってきていることがある。性別役割分業意識は、NFRJ98 からNFRJ03 にかけて一旦弱まったが、NFRJ08 では10 年前と同水準まで戻っている。性別役割分業意識からみても、父親の育児参加が増えることにつながっていない。 || The following finding was gotten as a result of analyzing the frequency of father’s participation in child rearing and the change in the rule factor in the home with the preschool child by using three data of NFRJ98, 03, and 08.
First, neither frequency that father takes care of the child nor frequency in which it plays with the child have increased though [ikumen] gets into the news. There is even a possibility of decreasing.
Secondarily, it is given that father’s working hour is still long as a reason why father’s participation in child rearing doesn’t increase. It increases to 11.6 hours in NFRJ03 though it was 10.8 hours in NFRJ98. It hardly shortens after Lehman shock. It has been pointed out that long working hours so far are the obstruction factors of the participation in child rearing of father in our country, and there is not most changes in the appearance today.
Thirdly, the father’s gender role ideology and the relation of the participation in child rearing might become plain as a reason why father’s participation in child rearing doesn’t increase in recent years. It returns the same level as ten years ago in NFRJ08 though it became weak from NFRJ98 to NFRJ03 once. It doesn’t connect with increasing of father’s participation in child rearing in the gender role division consideration. Father’s participation in child rearing has not increased for the influence of the gender role division consideration.
Keywords:
父親, 育児, 労働時間, 性別役割分業 || father, childcare, working hour, gender role division
Note:
NCID=BB0673224X
Relation:
| nfrj08_201103 |
Dataset:
[NFRJ98] [NFRJ03] [NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。