山岸 貴子, 小林 奈美 (2011.9) 子どものしつけに影響を与える家族の要因. 福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 105-118

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201103_8
Author:
山岸 貴子, 小林 奈美 || Takako YAMAGISHI, Nami KOBAYASHI
Date:
2011.9
Title:
子どものしつけに影響を与える家族の要因 || Characteristics of the Family Impact on Child Discipline
Source:
福田 亘孝, 西野 理子 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第3巻: 家族形成と育児』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || FUKUDA Nobutaka, NISHINO Michiko (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 3: Family Formation and Child Care (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
105-118
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201103_8.pdf
Abstract:
目的:育児困難を予防する保健師の子育て支援のために、「子育て」という観点から、しつけの様態に影響を与える家族の要因を明らかにする。方法:NFRJ08 回答者の28 歳から47 歳の有配偶者で子どもがいる男女1387 名を対象とし、得点化した「しつけの様態」を従属変数、「家族機能」「家族観」「夫婦関係の評価」「生活状況の評価」「心身の健康状態」「サポートネッワーク」の項目を独立変数として、相関分析と重回帰分析を行った。さらに、力に頼るしつけ、子どもへの共感を意識していないしつけを行うことが「よくある」と回答した者について、独立変数の項目との関連を分析した。
結果:「しつけの様態」と、「本人の年収」「家族観」「サポートネットワーク」との間に相関はなかったが、他のいくつかの独立変数の項目との間には相関があった。重回帰分析では、モデルは「CES-D得点」(P<.001)「配偶者との会話時間」(P<.01)「子どもが3 歳くらいまで母親は子育てに専念すべきだ」という「家族観」(P<.05)からなったが、「しつけの様態」を十分に説明できるものではなかった。また、力に頼るしつけ、共感を意識していないしつけをよく行う者に関して、特徴的な傾向はみられなかった。
考察:今回、独立変数としてあげた要因以外にしつけの様態を説明する因子がある可能性がある。力に頼るしつけ、共感を意識していないしけを行う者は、そのしつけに価値があるという認識を持ち、さらに家族間でも共有されている可能性がある。しつけという行為のみを捉えるのではなく、しつけに対する家族全体の認識を確認することが、育児困難予防のための子育て支援につながると考える。 || Public health nurses ought to distinguish the risks of mal-discipline to prevent child abuse. Purpose of this paper is to report outcomes of the analysis that investigated the characteristics of the family impact on the ways of child discipline. Sample data derived from NFRJ08 (N=1387: Age: 28-47 years old, couple data with at least a child) were used to analyze.
As results of multiple regression analysis that six groups of variables: family functioning, concept of family, relationships as a couple, living situation, physical or mental health, and social network were set as dependent variables while the variables of the ways of child discipline as an independent variable, mental health (short form CES-D Scale) (<.01), time of conversation as a couple(<.001), and Until three years old, child rearing should be done by mothers were significant (<.05), though R2 was very low. In addition, after scrutinizing co-relation among each variable of the way of child discipline, especially focusing on parent sample of responding mal-disciplines (shutting out, hitting, ignoring, etc.) there is no common characteristic among respondents while most of them answered that they have enough conversation as a couple, less stress, and social network.
The results suggest that the other variables such as beliefs about child discipline as a couple may be concerned as variables in further investigation. And as the way of discipline would be shared as a couple, there is no room to reconsider their way of discipline even though it is not desirable in common sense. Public health nurse should be aware of this kind of risks rather than only giving attention to affection of mothering.
Keywords:
しつけの様態, 子育て, 育児困難予防 || the way of child discipline, child rearing, preventing mal-discipline
Note:
NCID=BB0673224X
Relation:
| nfrj08_201103 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。