荒牧 草平 (2011.9) 学歴の家族・親族間相関に関する基礎的研究. 稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 45-60

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201104_3
Author:
荒牧 草平 || Sohei ARAMAKI
Date:
2011.9
Title:
学歴の家族・親族間相関に関する基礎的研究: 祖父母・オジオバ学歴の効果とその変動 || Correlations Between Family Members’ Academic Qualifications: The Effects of Grandparents’, Uncle’s, and Aunt’s on Child’s One
Source:
稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || INABA Akihide, YASUDA Tokio (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 4: Social Stratification / Social Networks (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
45-60
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201104_3.pdf
Abstract:
2008 年全国家族調査(NFRJ08)では、調査対象者の父母、配偶者、きょうだい(上から3 番目まで)、子ども(上から3 番目まで)の学歴が調査されている。「子ども」からみれば、「祖父母」「父母」「オジオバ」「自分のきょうだい」の学歴が分かる。全国レベルでオジオバ学歴まで聴取した例は他になく、大変に貴重なデータと言える。本稿では、この特徴を生かし、学歴の家族・親族間相関に関する2 つの基礎的な課題に答えてみたい。1 つは、子の学歴と「祖父母」学歴および「オジオバ」学歴との相関関係および、それらの趨勢を明らかにすることであり、もう1 つは、父母学歴を統制した場合に、そうした相関関係が残存するか否かを確認することである。
分析の結果、(1)祖父母およびオジオバ学歴は、子どもの学歴と一定の相関を持ち、特にオジ学歴との相関は父母と同程度であること、(2)それらの関連は、時代とともに強まる傾向にあること、(3)父母学歴を統制しても、統計的に有意な相関を持つこと、(4)特にオジ学歴の相関は強いが、高学歴を保持していることによる正の付加効果ばかりでなく、相互作用(累積効果と補充効果)や負の効果も認められることなどが明らかとなった。
いずれの結果も、親族学歴に着目することの有用性を示しており、今後も研究を深めていく意義が示されたと言える。家族構造の影響を重視しキョウダイ学歴を聴取するというNFRJ08の新しい試みは、「理論的焦点の転換」(Merton 1949)をもたらすことが期待される。 || NFRJ08 (National Family Research of Japan 2008) collects the information on academic certifications of respondents’, and their families: spouses’, parents’, children’s, and brothers’ and sisters’. It means that we can investigate the correlations between children’s academic qualifications and their families’ one: parents’, grandparents’, uncles’, aunts’, brothers’ and sisters’. In this paper, we focus on the two basic characteristics of family relationships on academic qualifications. First, the strength of family correlations and their trends are examined. Second, we clarify the direct effects of grandparents’ and uncles’ and aunts’ qualifications on children’s one.
The main results show that the correlations of children’s qualifications and their grandparents’, uncles’, and aunts’ one are increasing; grandparents’, uncles’, and aunts’ qualifications have the direct effects on children’s one net of their parents’ qualifications; the direct effects of uncles’ and aunts’ are both positive and negative. All these findings claim the necessity of more analyses on the relation between academic qualifications within relatives.
Keywords:
オジオバ学歴, 祖父母学歴, 家族構造 || family structure, academic qualifications of uncles’ and aunts’, family relationship
Note:
NCID=BB06732454
Relation:
| nfrj08_201104 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。