菅野 剛 (2011.9) サポート・ネットワークにおける身近な家族の重要性の変化. 稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 61-82

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201104_4
Author:
菅野 剛 || Tsuyoshi SUGANO
Date:
2011.9
Title:
サポート・ネットワークにおける身近な家族の重要性の変化: 1998年-2008年の比較から || Changes in Social Support Networks in Japan between 1998 and 2008
Source:
稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || INABA Akihide, YASUDA Tokio (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 4: Social Stratification / Social Networks (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
61-82
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201104_4.pdf
Abstract:
相談、経済、人手の援助が必要なとき、人々は誰にサポートを頼るのか、全国家族調査データNFRJ で調べた。配偶者、家族(親・兄弟姉妹)、子供(子どもとその配偶者)が主要なサポート源となっている。そして、1998 年、2003 年、2008 年の10 年間に、家族や子供へ頼る割合がさらに増加した。人々が、身近な家族へサポートを頼るようになってきたかのように見える。しかし、この変化の中身を確認すると、出生コホートによる違いが大きかった。人が変わったから社会が変わったのではなく、人が替わったから社会が変わったということが示唆された。
また、いずれの調査時点でも、年齢と家族からのサポートに負の相関がある。歳をとると、家族からのサポートが減?していくかのように見える。しかし、実際は逆であった。全てのコホートで、加齢とともに家族からの相談サポートが増加していた。コホートによる大きな違いを、加齢効果として解釈しがちなことの危険性が示唆された。
ネットワークの分析において、一時点の横断調査データを用いることは珍しいことではない。しかし、コホート効果等が大きい場合には誤った分析結果が導きだされる可能性がある。ネットワークに関連する測定は単発的に行うのではなく、NFRJ のような同一項目の反復横断調査によって蓄積していくことが重要である。 || People rely advisory, economic and aid support on various source such as one’s spouse, parents and siblings, and children and children’s spouse. Analyzing three representative survey data NFRJ: National Family Research data for Japan in 1998, 2003 and 2008, we assess the claim that social support from families is getting more and more important in recent decades. We examine changes in subjective social support by descriptive analyses with age, period, and cohort trends. The result suggests that social change in social support is due to strong cohort effects. Newer cohorts show higher levels of family reliance.
We also assess the claim on negative correlation between age and social support from family. Correlation analysis showed negative correlation by using each three cross sectional data. However, age trends in advisory social support by cohort group showed a quite different result. People are getting advisory social support from family as people get older.
These results show that for precise findings on social network arguments, repeated cross sectional survey data with the same measurements on social networks is significantly important.
Keywords:
サポート・ネットワーク, コホート効果, 加齢効果, 横断調査 || social support networks, cohort effect, age effect, cross-sectional survey
Note:
NCID=BB06732454
Relation:
| nfrj08_201104 |
Dataset:
[NFRJ98] [NFRJ03] [NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。