大日 義晴 (2011.9) 有配偶者のサポート構造. 稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 83-98

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201104_5
Author:
大日 義晴 || Yoshiharu DAINICHI
Date:
2011.9
Title:
有配偶者のサポート構造 || The Structure of a Married Person’s Social Support
Source:
稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || INABA Akihide, YASUDA Tokio (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 4: Social Stratification / Social Networks (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
83-98
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201104_5.pdf
Abstract:
本稿では、有配偶者のサポート構造とその特性を検討した。まず、女性は夫以外のサポートに恵まれているが、夫からのサポートが少なかった。逆に男性は妻以外のサポートに恵まれていないが、妻からのサポートが多かった。ただしこの性差は、情緒的サポートと病気時サポートにおいてのみ確認された。次に、有配偶者にとって夫や妻からのサポートは、その他のサポート源に比べて、サポートの種別にかかわらず最も利用可能性が高かった。また配偶者のサポート利用可能性は、ライフステージを通じて安定的に高かった。つづいて、配偶者のサポートの有無が、配偶者以外のサポートの利用可能性にもたらす影響について、すなわち双方のサポートの関係は、相互排他的なのか、あるいは両立・補完的なのか検討した。まず金銭的サポートについては、配偶者のサポートがなければ、その他のサポート源の利用可能性が高くなる、という相互排他性が確認された。一方、情緒的サポートと病気時サポートについては、配偶者のサポートの存在が、その他のサポート利用可能性を高めており、両立・補完性が確認された(男性の情緒的サポートについては除く)。しかし、配偶者以外いずれか1つ以上のサポートの利用可能性の有無についてみると、サポートの種別にかかわらず、配偶者のサポートの欠如は、その他のサポート源の利用可能性を高めていた。また女性は再婚によって、サポートの種別に関係なく、配偶者以外のサポート利用可能性の低下を経験することが示唆された。 || In this paper, we examined the structure and characteristics of a married person’s social support. First, we did descriptive analyses and found findings as follows: though women had more support from other than their husbands, their husband’s support tended to be insufficient. Conversely, men had more support from their wives, but their support from other than their wives tended to be insufficient. These gender differences were found for both emotional support and emergency support. And we found that spousal support was the most important support to individuals than any other support regardless of their functional types. In addition, spousal support was quite stable throughout the life-stages.
And then, we examined the effect of spousal support on support from other sources. As for financial support, lack of spousal support expanded other support. This relationship was mutually exclusive. In contrast, regarding emotional support and emergency support, having spousal support increased other support (except for men’s emotional support). Multivariate analyses showed that having no spousal support increased the probability of having other support, regardless of support functional types. Finally, we found that remarried women tended to have less support from other than their husbands.
Keywords:
ソーシャル・サポート, 配偶者のサポート, 配偶者以外のサポート, ライフステージ, 性差 || social support, spousal support, support from other than spouse, life-stage, gender differences
Note:
NCID=BB06732454
Relation:
| nfrj08_201104 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。