中西 泰子 (2011.9) 老親扶養規範意識と地域特性. 稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 99-110

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj08_201104_6
Author:
中西 泰子 || Yasuko NAKANISHI
Date:
2011.9
Title:
老親扶養規範意識と地域特性: 地域の家族構造が及ぼす影響について || Filial Obligation and Regional Characteristics: The Influence of regional family structure
Source:
稲葉 昭英, 保田 時男 (編)『第3回家族についての全国調査 (NFRJ08) 第2次報告書 第4巻: 階層・ネットワーク』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || INABA Akihide, YASUDA Tokio (eds.) Second Report of the National Family Research of Japan, 2008 (NFRJ08) Volume 4: Social Stratification / Social Networks (Committee on the National Family Research (NFRJ), the Japan Society of Family Sociology
Page:
99-110
URL:
http://nfrj.org/pdf/nfrj08_201104_6.pdf
Abstract:
本論の目的は、老親扶養意規範意識に及ぼす地域特性の影響を確認することである。老親扶養の地域的背景については、特に親との同居という側面において、実態面および意識面のどちらにも地域による違いが見られ、西南日本地域と大都市圏地域では核家族世帯志向が強く、東北・北陸・中国地域では非核家族世帯志向が強いことが指摘されてきた(清水1992)。さらに、都市規模や人口規模による影響も想定される。
一方、近年になって老親扶養は、親子兄弟の情緒的つながりや状況適合性によって規定されるようになりつつあり(森岡1993)、老親扶養に関する規範も「ご都合主義的な規範」(直井1993)であると指摘されている。すなわち、個人がどのような状況にあるかによって、表明される規範意識が異なると考えられる。
地域特性が個人の意識に及ぼす影響を検討するにあたっては、地域による違いが、個人属性による違いに回収されるものなのか、それとも地域特性独自の影響が確認されるのかを確認する必要がある。よって本論では、マルチレベル分析によって個人レベルの属性と地域レベルの特性が及ぼす影響を検討する。なお、地域レベルの特性としては、75 歳以上人口比率と75 歳以上別居率を用いる。 || The purpose of this report is to examine the influence of regional characteristics on people’s filial obligation. Intergenerational coresidence differs among region to region. In previous research, nuclear-family are preferable in the Southern-West Japan and the metropolitan area, while Three-generational cohabitation are preferable in Tohoku, Hokuriku and Chugoku area.(Shimizu 1992). City-size and population size affect that, too.
On the other hand, the filial responsibility is getting influenced by parent-child or siblings emotional relationship or situational propriety(Morioka 1993). And filial obligation is Gotsugo-syugi (Naoi 1993), it means that people tend to express filial obligation depending on their own personal situation.
To concern the effects of the regional characteristics, previously it is needed to control the personal attributions. For that reason, this report uses multi-level analysis to distinct the effects of the personal level attributes and the regional level characteristics. In that analysis the percentage of the separation (including nuclear family household and one-person household) aged 75 and over and the percentage of the population aged 75 and over are used as the regional characteristics.
Keywords:
老親扶養規範意識, 家族構造, 75歳以上人口比率, 75歳以上別居率 || filial obligation, family structure, percentage of the separation aged 75 and over, percentage of the population aged 75 and over
Note:
NCID=BB06732454
Relation:
| nfrj08_201104 |
Dataset:
[NFRJ08]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。