富吉 素子 (2001.3) 結婚と出産における時間関係. 加藤 彰彦 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-1: 家族形成のダイナミクス (Dynamics of family formation)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 81-93

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200101_3
Author:
富吉 素子 || Motoko Tomiyoshi
Date:
2001.3
Title:
結婚と出産における時間関係 || Changes of Sequence between Marriage and Childbirth
Source:
加藤 彰彦 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-1: 家族形成のダイナミクス (Dynamics of family formation)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
81-93
URL:
:nfrj98_2001_pdf/1/081-093.pdf
Abstract:
本稿の目的は、最近のライフサイクルに起きつつある多くの変化のうち、結婚と出産の時間関係に焦点をあて、分析することにある。元々、日本は性の意識に寛容な民族であったが、明治政府の旧民法の制定とともに、性に対する規範意識が強まった。これは、戦後の高度経済成長期位まで続き、その後は急速に性の解放へと向かう。その結果として、未婚女性の妊娠という事態が発生し、女性はそれを機に結婚をとるか、他の方法を取るかの決断を迫られることとなる。ここでは、結婚を選択した夫婦群がどの位存在し、それらの人々は、出生コーホートではどのような構成にあり、人口規模別特性、地域別特性、および学歴別特性はデータ上どのような構造になっているのかを明示し、性に対する規範意識の変容を解明する。 || This article aims at analysis of relationship between marriage age and pregnant age, which is one of the major changes happening on life cycle in recent years in Japan. Originally, Japanese people had an open sexual consciousness. The enactment of the former civil law by Meiji-government made people’s sexual norm stronger. It had kept the influence of the law until the period of high economic growth after World War II, and sexual liberation had gained ground rapidly over the country. As a result, the situation that unmarried women become pregnant arises ,and that urges the women to decide if they marry after pregnancy or they take other means. This article expects to elucidate changes of people’s sexual norm, showing composition of couple people who chose to be married and how the structure is characterized on the research data by population scale, region, and educational credentials.
Keywords:
婚前妊娠,性の規範意識,旧家族制度 || Premarital pregnancy, Sexual norm, Former family system
Note:
Relation:
| nfrj98_200101 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。