松岡 英子 (2001.6) 配偶者間の職業の組み合わせとその影響. 岩井 紀子 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-3: 現代日本の夫婦関係 (Marital relations in contemporary Japan)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 87-102

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200103_7
Author:
松岡 英子 || Matsuoka Eiko
Date:
2001.6
Title:
配偶者間の職業の組み合わせとその影響 || Effects of Occupational Status Combination Between Spouses
Source:
岩井 紀子 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-3: 現代日本の夫婦関係 (Marital relations in contemporary Japan)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
87-102
URL:
:nfrj98_2001_pdf/3/087-102.pdf
Abstract:
本稿の目的は、1)夫婦の職種の組み合わせの実態を明らかにし、「地位類似仮説」に関して検証する、2)夫婦関係を捉えるキー概念である夫婦の情緒的サポートに焦点を当てて夫婦の職種の組み合わせが影響しているかを探るとともに、説明変数としての夫婦の職種の組み合わせの有効性を検討することである。半数強のカップルが類似した職業に就いていること、また妻が夫と類似した職業を選択する傾向がみられ、地位類似仮説をある程度支持する結果が得られた。さらに、夫婦ともに「専門・管理」職、または妻だけが「専門・管理」職であるカップルは配偶者からの情緒的サポートが多く、夫婦の職種の組み合わせが配偶者からの情緒的サポートに影響を及ぼしていた。女性の場合は自身の職種よりも夫との職種の組み合わせの影響が大きいことも明らかになり、夫婦の職種の組み合わせが夫婦関係を分析するための有効な変数であることが示された。
Keywords:
職業的地位,共働き,情緒的サポート,夫婦関係 || occupational status, gainful employment by both husband and wife, emotional supports, marital relationship
Note:
Relation:
| nfrj98_200103 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。