中里 英樹 (2001.6) 高齢者による子との居住関係の選択とその規定要因. 清水 新二 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-4: 現代日本の家族意識 (Family consciousness in the contemporary Japan)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 121-139

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200104_9
Author:
中里 英樹 || Hideki Nakazato
Date:
2001.6
Title:
高齢者による子との居住関係の選択とその規定要因 || Determinants of Living Arrangements of the Elderly and Proximity of Their Children
Source:
清水 新二 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-4: 現代日本の家族意識 (Family consciousness in the contemporary Japan)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
121-139
URL:
:nfrj98_2001_pdf/4/121-139.pdf
Abstract:
本稿では、高齢者が子との間に結ぶ居住関係について、同居・隣居・近居・遠居という選択肢や、そのような関係にある子の性別や配偶関係など、できるかぎりの多様性に目を向けながら、そのような差異を生み出す要因についてクロス集計と多項ロジット分析を用いて考察する。明らかになったのは以下のような点である。人口学的要因が個々の高齢者の居住関係の選択肢を大きく規定していること。直系家族制規範への同調度を統制したうえでも、学歴と地域性は男女を通じて子との居住関係の選択に影響を持っていること、などである。
Keywords:
居住形態,高齢者,多様性
Note:
Relation:
| nfrj98_200104 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。