西野 理子 (2001.9) 家族認知の条件―最年長のきょうだいへの認知の分析. 藤見 純子 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-5: 認知された家族ときょうだい関係 (Recognized families and sibling relations)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 35-48

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200105_3
Author:
西野 理子 || NISHINO Michiko
Date:
2001.9
Title:
家族認知の条件―最年長のきょうだいへの認知の分析 || On what conditions are elder siblings recognized as family members and under what condition is the consciousness sustained
Source:
藤見 純子 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-5: 認知された家族ときょうだい関係 (Recognized families and sibling relations)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
35-48
URL:
:nfrj98_2001_pdf/5/035-048.pdf
Abstract:
人々はどのような相手を家族と思っており、その意識はどのような条件によって支えられているのか。本稿では、1998年に本学会によって実施された全国家族調査データ(以下、NFR98と略称)を用いて、家族認知の条件を検討する。認知を阻害する要因は、年齢およびコーホートの効果と、規範的要因、生活の条件、属性的要因、経済的要因にわけられる。最年長のきょうだいを家族の一員だと思っているかどうかを被説明変数とする多変量解析の結果、相互作用の頻度という生活の条件と、婚姻上の地位を指標とした規範的要因が相対的に重要であることが明らかとなった。また、若年層では婚姻上の地位の効果が大きいが、高年層ではその効果は認められないこと、とりわけ女性では相互作用の効果が大きいことが確認された。 || This paper will discuss on the recognition and consciousness by which we could win acceptance as family members and what conditions should sustain(keep up) that consciousness.
The discussed conditions by means of the data were given effect in 1998 by the Japanese National Family Research (NFR98). The logic analysis which will explain the conditions under which one recognize an elder sibling as his/her family member or not shows that the frequency of their contact with each other is the primary factor and his/her marital status is also effective. The frequency of their contact with each other is more effective among women. The marital status is significantly effective only among young and middle age cohorts, but not among elder age cohorts.
Keywords:
家族認知,きょうだい関係,コーホート || recognition as family member; sibling relationship; cohorts
Note:
Relation:
| nfrj98_200105 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。