菅野 剛 (2001.9) 社会階層とソーシャル・サポートの関連についての分析. 石原 邦雄, 大久保 孝治 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-6: 現代家族におけるサポート関係と高齢者介護 (Support resources and care for the aged of the contemporary family)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 1-20

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200106_1
Author:
菅野 剛 || Tsuyoshi Sugano
Date:
2001.9
Title:
社会階層とソーシャル・サポートの関連についての分析 || The Relationship between Social Stratification and Social Support
Source:
石原 邦雄, 大久保 孝治 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-6: 現代家族におけるサポート関係と高齢者介護 (Support resources and care for the aged of the contemporary family)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
1-20
URL:
:nfrj98_2001_pdf/6/001-020.pdf
Abstract:
本研究は、社会階層とソーシャル・サポートの関連について分析をする。社会階層の変数として、学歴と世帯収入で表される社会経済的地位と、専門・管理職、事務・販売職、労務・農業、無職の四つの職業分類を扱う。ソーシャル・サポートとしては、相談、経済、病気、介護についての四つの個別サポート項目をもとに全体的なソーシャル・サポートを測定する。
分析には、職業ごとのソーシャル・サポートの平均構造の違いを考慮できる、多母集団解析簡便法を用いた。男女それぞれに対して分析をした結果、社会経済的地位とソーシャル・サポートは正の関連を示した。また、ソーシャル・サポートの潜在変数の平均を見ると、男性では、専門・管理職が最も高い値を示し、事務・販売職、労務・農業、無職の順に値が低くなる。女性でも専門・管理職が最も高い値を示した。ソーシャル・サポートの享受は、パーソナリティー等の個人的問題というミクロな側面もあるが、社会的資源の不平等な分配状況を表す社会階層と関連するマクロな側面が重要である。
Keywords:
社会階層,ソーシャル・サポート,構造方程式モデリング
Note:
Relation:
| nfrj98_200106 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。