大久保 孝治 (2001.9) 彼女たちはどの親を介護したか. 石原 邦雄, 大久保 孝治 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-6: 現代家族におけるサポート関係と高齢者介護 (Support resources and care for the aged of the contemporary family)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会). 153-168

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrj98_200106_9
Author:
大久保 孝治 || OHKUBO Takaji
Date:
2001.9
Title:
彼女たちはどの親を介護したか || Which Parents Has She Cared for ?
Source:
石原 邦雄, 大久保 孝治 (編)『家族生活についての全国調査 (NFR98) 報告書 No. 2-6: 現代家族におけるサポート関係と高齢者介護 (Support resources and care for the aged of the contemporary family)』(日本家族社会学会 全国家族調査 (NFR) 研究会)
Page:
153-168
URL:
:nfrj98_2001_pdf/6/153-168.pdf
Abstract:
本稿は「全国家族調査」(NFR98)の高齢者サンプル(1920年代コーホートと1930年代コーホート:調査時年齢は58歳から77歳)の中の4人の親(自分の父母と配偶者の父母)がすでに亡くなっている女性(938名)を分析対象として、介護した親の数、親の介護へのかかわりの重度の総量、介護した親の組み合わせ等の合成変数を用いながら、親の介護の「双系化」の趨勢について検証を行った。その結果、1930年代前半コーホートから介護した親の数の増加、親の介護へのかかわりの重度の総量の増加、夫婦双方の親を介護するパターンの増加等が見られることを確認した。すなわち親の介護の「双系化」は人口学的第二世代に属する1930年代前半コーホートの女性たちから始まったのである。
Keywords:
親の介護,親族関係の双系化,介護した親の数,介護した親の組み合わせ,親の介護へのかかわりの重度の総量,人口学的世代
Note:
Relation:
| nfrj98_200106 |
Dataset:
[NFRJ98]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。