菊澤佐江子 (2005.5) 女性の介護と就業. 熊谷 苑子, 大久保 孝治 (編)『コーホート比較による戦後日本の家族変動の研究: 全国調査「戦後日本の家族の歩み」(NFRJ-S01) 報告書 No.2』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会). 155-168

Bibliographical Information

Category:
NFRJ Publication
Number:
nfrjs01_2005_12
Author:
菊澤佐江子 || Saeko KIKUZAWA
Date:
2005.5
Title:
女性の介護と就業 || Women’s Caregiving and Work
Source:
熊谷 苑子, 大久保 孝治 (編)『コーホート比較による戦後日本の家族変動の研究: 全国調査「戦後日本の家族の歩み」(NFRJ-S01) 報告書 No.2』(日本家族社会学会 全国家族調査委員会) || KUMAGAI Sonoko, OHKUBO Takaji (eds.) NFRJ-S01 Report No. 2: Trails of families in post-War Japan (Japan Society of Family Sociology, NFRJ Committee)
Page:
155-168
URL:
:nfrjs01-2005_pdf/nfrjs01-2005kikusawa.pdf
Abstract:
本稿は、戦後の介護需要の高まりと女性の家庭外労働力化の中、女性がそのライフコース後半において介護・就業という二つの役割をどのように均衡させてきたのか、その実態と推移をコーホート比較によって明らかにすることを目的としている。
分析の結果、女性が介護・就業というそれぞれの役割を経験する確率は、時代を追うごとに確実に高まっていること、就業中の女性が介護を引き受けた場合、これを機に離職することは相対的に少なく、多くの女性が二つの役割を同時に担っていることが明らかとなった。ただし、最近のコーホートでは、フルタイム雇用に従事する女性は無職の者に比べて主たる介護役割を引き受けにくい状況におかれている可能性も示唆された。
Keywords:
介護,就業,ライフコース
Note:
NCID=BA72185630. http://nfrj.org/nfrjs01_publishing.htm#NFRJS01_2005
Relation:
| nfrjs01_2005 |
Dataset:
[NFRJ-S01]
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。