加藤 彰彦 (1998.3) 2. 夫婦形成タイミングに対する定位家族構造の効果とそのコーホート間変動. 石原 邦雄 (編)『家族構造の国際比較研究をめざして: 米国NSFHデータの利用を通して(第2次報告)』(重点領域研究「ミクロ統計データ」・公募研究「家族構造の国際比較のための基礎的研究: 公共利用ミクロデータの作成と活用」研究報告書(3) 平成9年度). 5-23

Bibliographical Information

Category:
Number:
nsfh_1998_2
Author:
加藤 彰彦
Date:
1998.3
Title:
2. 夫婦形成タイミングに対する定位家族構造の効果とそのコーホート間変動
Source:
石原 邦雄 (編)『家族構造の国際比較研究をめざして: 米国NSFHデータの利用を通して(第2次報告)』(重点領域研究「ミクロ統計データ」・公募研究「家族構造の国際比較のための基礎的研究: 公共利用ミクロデータの作成と活用」研究報告書(3) 平成9年度)
Page:
5-23
URL:
:nsfh_1998_pdf/005-023.pdf
Abstract:
Keywords:
Note:
NCID=BA54818269
Relation:
| nsfh_1998 |
Dataset:
Created: 2012-02-20. Updated: 2012-03-28.

コメントは受け付けていません。