企画からデータ公開までの活動記録

第2回全国家族調査 (NFRJ03) は、NFRJ03委員会が実施しました。 この委員会は、NFRJ委員会の下部組織で、第2回全国家族調査実施を中心となって担う委員会です。 NFRJ03の名称が示す通り、この委員会は、2003年度に第2回全国家族調査を実施するために組織されました。 委員会メンバーが協力し合って、また分担し合って、調査デザインの検討、調査票の作成、委託会社との交渉など、 調査実施の実務を担ったものです。 第2回全国家族調査は、日本学術振興会の科学研究費補助金(平成12~15年度 基盤研究(A)(1)「現代日本家族のトレンド(趨勢)研究」研究代表者・渡邊秀樹(慶應義塾大学教授)課題番号13301012)の交付を受け、2003年末にサンプリング、2004年2月に実査を終了しました。

第1次報告書を2005年4月に刊行。 日本家族社会学会会員による共同利用により、第2次報告書 (2分冊) を2006年4月に刊行。 その後、東京大学社会科学研究所「SSJデータアーカイブ」(SSJDA) を介して データを公開しています (調査番号 0517)。

調査企画段階の2002年2月から、 NFRJ98検討委員会 を組織し、NFRJ98の成果と問題点を検討してきました。 その成果は、 NFRJ03調査実施計画案及び役割分担(2002年9月23日現在) をご覧下さい。

2001年
12月 スケジュール案の検討、NFRJ98検討研究会の組織化
2002年
2月  NFRJ98検討研究会開始(毎月研究会を開催)
5月  NFRJ03のあり方について検討
8月  NFRJ98検討研究会から検討の成果を報告
10月  NFRJ03実施計画の検討
12月  調査票の枠組みの検討
2003年
2月  予備調査方針の検討
4月  本調査委託業者の決定
5月  サンプリング法検討
6月  予備調査票を決定・予備調査実施
8月  サンプリング法を決定・本調査票検討
9月  第13回日本家族社会学会大会でNFRJ98データの検討成果を報告
10月  本調査調査票を決定
11月  サンプリング実施
12月  本調査調査票作成
2004年
1月~2月  本調査実施
2月~10月  データ・クリーニング
9月  第14回日本家族社会学会でNFRJ03経過報告
11月~  第1次報告書作成
2005年
4月  第1次報告書刊行
4月  学会内共同利用開始・研究会の立ち上げ
8月6日  研究会開催
2006年
1月6-7日  研究会開催 (慶應義塾大学)
4月  第2次報告書刊行
7月ころ  個票データを東京大学社会科学研究所「SSJデータアーカイブ」で公開
Created: 2009-02-21. Updated: 2012-04-30.

コメントは受け付けていません。