利用にあたっての誓約事項

第3回全国家族調査 (NFRJ08) データ 学会内共同利用

  1. 提供された調査個票データは、学術目的に限って利用します。
  2. 利用にあたっては、調査対象の秘密保護を図り、個々の調査対象が識別できる形式では発表しません。
  3. 提供された調査個票データを第三者には提供しません。
  4. 使用期間は2010年4月からSSJDAでのデータ公開までとし、期間終了後速やかに提供された調査個票データを消去します。
  5. 期間中に、提供された調査個票データを用いた研究成果を発表する場合には、全国家族調査委員会NFRJ08研究会に報告し、再録等についてはその指示に従います。その際、全国家族調査委員会から調査個票データの提供を受けたことを記載します。発表した論文等は、NFRJ08研究会事務局に1部提出します。
  6. 提供された調査個票データ等の利用により何らかの不利益を被ったとしても、全国家族調査委員会の責任は一切問いません。

(2010年4月1日「第3回全国家族調査(NFRJ08)個票データ 2010年度学会内利用 (NFRJ08研究会用) 申請書」より)

リンク

Created: 2010-09-01. Updated: 2012-04-29.

コメントは受け付けていません。