NFRJ18(第4回全国家族調査)研究会

日本家族社会学会全国家族調査(NFRJ)委員会では、2017年4月より、NFRJ18研究会を開始いたします。家族社会学会の会員であれば、どなたでも参加することができます(大学院生を含みます)。

NFRJ18研究会について

活動内容

調査実施段階

  • 科学研究費の助成を受けたプロジェクトとして行われるNFRJ18実査(2019年1月実施予定)の調査設計、調査票作成、データ整備などにかかる研究活動に参加します。分担して業務を行っていただくことがありますのでご了解ください。

調査実施後

  • メンバーの一部は、NFRJ18第1次報告書(調査概要と簡単な集計のみを掲載するもの)の作成に協力します。
  • すべてのメンバーは、自分の関心に基づいてNFRJ18データを用いた分析を行います。その経過を研究会(年間3回程度を予定)で報告すること、最終的にデータを用いた論文を提出していただくことが義務となります(2021年1月末ころを予定)。
  • 提出された論文は、NFRJ18第2次報告書として日本家族社会学会全国家族調査委員会より刊行される予定です(2021年3月末ころを予定)。
  • 発表された成果はかならず研究会に提出していただきます。
  • 提出される論文は、NFRJ18を用いた既発表の投稿論文などの再録でも認められます。
  • 研究会で報告をされる場合には、遠方の会員には予算の範囲内で旅費を補助いたします。なお、これら研究会の費用は科学研究費などからの助成をうけて行われます。

研究会メンバー募集

下記の申込フォームにご記入のうえ、2017年5月末日までに下記の申込書フォームにご記入のうえ、NFRJ委員会事務局にメールでご連絡ください。今年度の入会はその時点でいったん締め切らせていただきます(大学院生ならびに今年度新入会員の場合を除く)。来年度4月に改めて最終の応募を行う予定です。

研究会についてのお問い合わせにも応じますので、お気軽にお知らせください。

案内と申込フォーム
Created: 2017-04-30. Updated: 2017-05-01.

コメントは受け付けていません。