第4回全国家族調査 (NFRJ18) 刊行物

報告書については、このページよりPDFファイルをダウンロードできます(2021年9月より、公開可能なものを順次公開)。

  • NFRJ18では、印刷版の報告書は作成いたしません。本ページおよび各PDFファイルをご参照ください。
  • 執筆者の所属等は2021年3月末時点のものです。
  • (2021年9月5日) 今後、PDFファイルはページ番号を追記したファイルに差し替えます(URLはそのまま維持されます)。書誌情報の完全確定まで、しばらくお待ちください。

目次

第1次報告書

  1. 第4回全国家族調査 (NFRJ18)の概要
  2. 調査票の構造
  3. サンプリングとデータの基本特性

関連ページ

第2次報告書(全4巻)

第1巻 松田茂樹・筒井淳也(編)『夫婦関係』

  • 表紙・目次
  1. 公開保留
  2. 三輪哲, 全国家族調査にみる階層同類婚の構造と趨勢
  3. 永瀬圭, 夫婦の勢力関係および夫婦関係満足度の規定要因――夫婦の社会経済的地位のバランスに注目して
  4. 多賀太, 夫婦外への家事委託と家事負担感
  5. 平尾桂子, 家事の外部化――サービス利用の規定要因と家事頻度との関連
  6. 渡瀬典子, 晩ご飯をどうする――食事準備の簡略化と「食の外部化」
  7. 矢野裕子, 夫婦間の勢力関係が子どもとの関係に及ぼす影響――ジェンダー意識の視点から
  8. 鈴木富美子, 夫の家事・子育て関与が夫の夫婦関係満足度にもたらす意味の変容――「家計の共同性」と「家庭の共同性」のバランスに着目して
  9. 公開保留
  10. 金兌恩, 高齢期における家事参加の規定要因と男女比較
  11. 公開保留

第2巻 西村純子・田中慶子(編)『親子関係・世代間関係』

  • 表紙・目次
  1. 髙橋香苗, 妊娠先行型結婚であることによって親子関係に差異は生じるのか――第一子の生まれたタイミングの違いに着目して
  2. 森村繁晴, 子育て負担感の経時的変化――子の出生順位および親のジェンダーによる比較分析
  3. 菅澤貴之, NFRJ08-18からみた児童虐待リスクの規定要因――リスクの有無と高低に着目して
  4. 巽真理子, 父親の子育て遂行と多元的なジェンダー意識の関連
  5. 田中茜, ワーク・ファミリー・コンフリクトが子どもとの関わりに及ぼす影響
  6. 平沢和司, 親の離婚・再婚と子どもの学歴
  7. 公開保留
  8. 乾順子, 老親との同居意識の変化と規定要因
  9. 中西泰子, 介護役割意識の回答パターンと関連要因――潜在クラス分析による検討
  10. 公開保留
  11. 公開保留
  12. 公開保留

第3巻 保田時男・吉田崇(編)『親族サポート・ネットワーク』

  • 表紙・目次
  1. 筒井淳也, 家族の変動と親介護経験――NFRJ18データの分析から
  2. 金貞任, 在宅要介護者の家族の中で介護担い手は誰であるか――NFRJ18の家族の基本特性と伝統的規範意識に着目して
  3. 竹内麻貴, きょうだい構成と親の介護
  4. 西野勇人, 実親に対する介護役割を子はどう想定しているか――きょうだい地位ときょうだい構造に着目して
  5. 苫米地なつ帆, 中高齢期における親子の相互援助ときょうだい構成の関連
  6. 斉藤知洋, 中年未婚者の社会関係とメンタルヘルス――NFRJ98/ 08/ 18を用いた趨勢分析
  7. 大風薫, 中高年男女の孤独感――配偶関係、孤立に着目して
  8. Youqi Ye-Yuzawa, The Relationship between Conjugal Relationships and Non-kin Networks: Based on the analysis of NFRJ18
  9. 菅野剛, サポート・ネットワークについての記述的分析――1999/2004/2009/2019年の経時比較
  10. 公開保留
  11. 公開保留
  12. 公開保留
  13. 公開保留
  14. 公開保留

第4巻 稲葉昭英・佐々木尚之(編)『ライフコースの変容』

  • 表紙・目次
  1. 公開保留
  2. 稲葉昭英, 再婚の変容
  3. 釜野さおり, 同性間の婚姻の法制化に対する意識――NFRJ18データを用いた予備的分析
  4. 俣野美咲, 現代日本の親と同居する中年無配偶者の実態――経済状況・親子関係の時代変化に着目して
  5. 林雄亮, NFRJ18からみる離家の趨勢と構造――離家のきっかけと性差に着目して
  6. 菊澤佐江子, 中高年期の介護とウェルビーング――ワーク・ファミリー・コンフリクトに着目して
  7. 大日義晴, 婚姻上の地位とディストレス
  8. 公開保留